5/13(土)BELUGAコンサートシリーズ4 大村千秋《バッハ家の音楽会》シリーズ(クラヴィコード) vol.2 バッハ家とクラヴィコード

投稿日: 更新日:

BELUGAコンサートシリーズ4
大村千秋コンサートシリーズ(クラヴィコード)
《バッハ家の音楽会》〜vol.2バッハ家とクラヴィコード〜

BELUGAコンサートシリーズの第4回目は、鍵盤奏者の大村千秋さんによる「クラヴィコードのみ」というプログラムの演奏会です。「クラヴィコード」はバロック時代の絵画などにも登場する、長方形の箱型の小さな鍵盤楽器で、その独特の小さき音色は特に18世紀に多くの人びとを虜にしました。バッハの息子たちのC.P.E.バッハやW.F. バッハはこの可愛らしくも豊かな音色と表現力を持つ楽器をこよなく愛し、独奏曲をいくつも作曲しています。音が極小なため、公の場よりも私的な空間や小さな部屋の中で、自分のため、あるいはごく少数の人のために演奏されることが多かったようです。今回のコンサートでは、現代の騒がしい社会の中で大音量の音楽やたくさんの雑音に触れて耳も神経も麻痺気味になっている私たちを、「小さき音が奏でる音楽の宇宙」へ大村さんが導き手となって誘います。昼・夜いずれの回も16人様程度を定員とさせていただく予定です。皆で耳をすまし、静寂の中で聴き入ることになりそうですが、息をするのも曲の間の咳払いやくしゃみ、勿論OKです。クラヴィコードは「虜になる人」が続出の可能性があるため、ご予約はお早めにどうぞ。(※今回の演奏会ではチェンバロの演奏はありません)

とき:2017年5月13日(土)昼の部:14時 夜の部:18時(各回とも開場15分前)
ところ:BELUGAオルガン練習室(横浜・関内)
料金:一般4,000円・ペア7,500円(茶菓付き・16名様程度限定)

【プログラム】
J. パッヘルベル : 《アポロンの六弦琴》より
J.S. バッハ:フランス組曲 第2番 ハ短調 BWV 813
W.F. バッハ:《12のポロネーズ》より
C.P.E. バッハ:自由なファンタジア 嬰へ短調 Wq67  ほか

【ご予約・お問い合わせ】
ご予約には、コンサート名・枚数・お名前・ご連絡先を記載の上、メールにてお申込みください。
お電話でも承ります。ご予約確認後、こちらから改めてご連絡いたします。

BELUGAオルガン練習室
神奈川県横浜市中区常盤町3-34 和風ビル202
電話:045-662-5536(不定休)
メール:belugaorgan@mbr.nifty.com
web:https://belugaorgan.wordpress.com

《アクセス》
JR京浜東北線[関内駅]北口3分 横浜市営地下鉄[関内駅]3番出口からすぐ
みなとみらい線[馬車道駅]から7分
道順を間違う方が多いので、初めていらっしゃる方は必ず《アクセス》をご確認ください。

大村千秋さんHP

広告