月別: 11月 2017

【NEWS!】BELUGAコンサートシリーズ8 1/7(土)イギリスの古い音楽・竹内太郎

投稿日: 更新日:


2018年は、1月7日(日)に竹内太郎さん(ハープリュート・リュート・バロックギター)をお招きしてのコンサートでスタートします。ヘンリー八世やエリザベス女王の昔からリュートやギターはイギリスの王侯貴族や市民に愛された楽器でした。他国の音楽家も多く活躍し、また民謡の宝庫であったイギリスの音楽は多様な国際色と豊かな民衆性を併せ持っています。このコンサートではリュートと古いギターを使い、16ー19世紀初頭の古いイギリス音楽をたっぷりと聞いていただきます。みなさまのお越しをお待ちしております。

BELUGAコンサートシリーズ8
「イギリスの古い音楽」竹内太郎(ハープリュート・リュート・バロックギター)
と き:2018年1月7日(日)15時00分(開場15分前)
ところ:BELUGAオルガン練習室(横浜・JR京浜東北線・関内駅から3分)
料 金:4,000円(茶菓付き)

《プログラム》
バラッド「私の窓から出てお行き」、コルベッタ:サラバンド、パーセル:シャコンヌ、
ヘンデル:メヌエット、ハイドン:アンダンテ、スコットランド民謡「エジンバラから1マイル」、「グリーンスリーヴス」による即興演奏、他

《使用楽器》
7コース・ルネサンス・リュート:ゴレット作、ロンドン、1980年
5コース・バロック・ギター:マスト作、パリ、1780年頃
7弦・ハープリュート:レヴィアン作、ロンドン、1810年頃

《プロフィール》
竹内太郎 京都生まれ。立教大学卒業、ロンドンのギルドホール音楽院古楽科修了。これまでにロイヤルオペラハウス、イングリッシュコンサート、ナイジェル・ケネディ、サイモン・ラトルなどと共演。ソロCDには「フォリアス!」「アフェットーソ」「可愛いナンシー」などがある。
英国リュート協会前理事、ケンブリッジ大学リサーチグループ所属。ロンドン在住。http://tarolute.crane.gr.jp/

【ご予約・お問い合わせ】
ご予約には、コンサート名・枚数・お名前・ご連絡先を記載の上、メールにてお申込みください。お電話でも承ります。ご予約後、こちらから改めてご連絡いたします。
BELUGAオルガン練習室
メール:belugaorgan@mbr.nifty.com
電話:045-662-5536(不定休)
web:https://belugaorgan.wordpress.com

《アクセス》
JR京浜東北線・関内駅北口3分 横浜市営地下鉄・関内駅3番出口からすぐ
みなとみらい線・馬車道駅から7分。
場所がややわかりにくいので、《アクセス》を必ずご確認ください。

広告

【NEWS!】BELUGAコンサートシリーズ 7 12/16(土)富田牧子チェロコンサート

投稿日: 更新日:

BELUGAコンサートシリーズ7
12月16日(土)富田牧子チェロコンサート(3回シリーズ最終回)
「vol.3  無伴奏チェロの愉しみ〜ガット弦で弾くJ.S.バッハ、コダーイ、クルターク〜」

チェリストの富田牧子さんが今年取り組んでいる、ガット弦を張った2台のチェロを使い、バッハ、コダーイ、クルタークなどの無伴奏作品を全3回にわたり演奏するプログラムの最終回です。難曲と言われるバッハ、コダーイの無伴奏作品ですが、今回はバッハの曲でスコルダトゥーラ(変則的な調弦)による曲も披露していただけます。お楽しみに。

コンサート当日はコダーイの135歳のお誕生日(そして今年は没後50年にあたるとのこと)。
富田さんの225歳のチェロがお祝いの音楽を聴かせてくれることでしょう。
みなさまのお越しをお待ちしております。

12月16日(土)富田牧子チェロコンサート(3回シリーズ)
「vol.3  無伴奏チェロの愉しみ〜ガット弦で弾くJ.S.バッハ、コダーイ、クルターク〜」
と き:2017年12月16日(土)17時00分(開場15分前)
ところ:BELUGAオルガン練習室(横浜・JR京浜東北線・関内駅から3分)
料 金:4,000円 / 7,500円(ペア券)(茶菓付き)

《プログラム》
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調BWV1011
Z.コダーイ:無伴奏チェロソナタ 作品8より 第3楽章
G.クルターク:「しるし、遊び、メッセージ」より

【ご予約・お問い合わせ】
ご予約には、コンサート名・枚数・お名前・ご連絡先を記載の上、メールにてお申込みください。お電話でも承ります。ご予約後、こちらから改めてご連絡いたします。
BELUGAオルガン練習室
メール:belugaorgan@mbr.nifty.com
電話:045-662-5536(不定休)
web:https://belugaorgan.wordpress.com

《アクセス》
JR京浜東北線・関内駅北口3分 横浜市営地下鉄・関内駅3番出口からすぐ
みなとみらい線・馬車道駅から7分。
場所がややわかりにくいので、《アクセス》を必ずご確認ください。

富田牧子プロフィール
東京芸術大学在学中にリサイタルを行い、演奏活動を始める。フランス、イタリア、オーストリア、ドイツの音楽祭や講習会、またニューヨークでH.シャピロ氏の指導を仰ぐなど、ソロと室内楽の研鑽を積む。大学院修士課程修了後、2000年から2年間ハンガリーに留学、バルトーク弦楽四重奏団のチェロ奏者L.メズー氏に師事。NHK-FM「名曲リサイタル」、ORF(オーストリア放送)の公開録音に出演。ソロリサイタルのほか、弦楽四重奏団《クァルテット・アルモニコ》メンバーとしての活動を行う(~2012年)。その後、ピリオド奏法への関心を深め、バロックと現代のスタイルの楽器にガット(羊腸)弦を張り、様式の異なる弓を使い分けながら、様々な楽器との組み合わせによる「充実した内容の音楽を間近で味わうコンサート」の企画・演奏を続けている。2台のチェロを持ち替えながら、J. S.バッハと近現代の無伴奏作品を組み合わせて演奏するサンドイッチコンサートを好評継続中。昨年12月、コスマス・カピッツァ(パーカッション)とのデュオ≪羊とヤギ≫でCD「O Terra(大地よ!)」をリリース。本年は≪羊とヤギ≫で全国ライヴツアーを行っている。
富田牧子さんブログ→http://tomitamakiko.seesaa.net/s/