【 BELUGA音楽講座6】2018年秋期開催《イタリア鍵盤音楽》 —フレスコバルディ以前のイタリア鍵盤音楽の200年 その1—

投稿日: 更新日:

◆BELUGA音楽講座シリーズ6◆
《ルネサンスのイタリア鍵盤音楽》
   —フレスコバルディ以前のイタリア鍵盤音楽の200年 その1—

15世紀に編纂された鍵盤曲集《ファエンツァ写本》から16世紀の末のナポリ派の作曲家まで、200年にわたるイタリア・ルネサンスの鍵盤音楽を学ぶ講座です。「その1」では16世紀中頃までの主要な音楽、作曲家を取り上げ、初期バロックの巨匠フレスコバルディを生み出す土壌となったイタリア・ルネサンスの鍵盤音楽の魅力をお伝えします。
連続講座は単発でも受講可能、集中講座は連続講座と同内容を1日で受講できます。
どなたでも受講できます。

《各回テーマ》
第1回:ファエンツァ写本
第2回:アンドレア・アンティコとマルカントニオ・カヴァッツォーニ
第3回:ジロラモ・カヴァッツォーニ

●講 師:藤原一弘さん(音楽学)
●連続講座(全3回・各回の単発受講可能です)
と き:2018年 10月16日(火)・11月13日(火)・12月11日(火)
  18時30分〜20時30分 (開場15分前)
受講料:3,000円+資料実費(各回 /いずれも当日お支払いください)

●集中講座(1日で3回分の講義を行います)
と   き:2018年 12月15日(土)10時00分〜17時30分( 開場15分前)
受講料:9,000円+資料実費( いずれも当日お支払いください)ところ:BELUGAオルガン練習室(横浜・関内)横浜市中区常盤町3-34 和風ビル202
アクセス:JR京浜東北線「関内駅」北口3分 /横浜市営地下鉄「関内駅」3番出口すぐ/みなとみらい線「馬車道駅」8分
*道順をHPの「アクセス」でご確認ください。

◆お申し込み
受講を希望される方は、以下の項目について記載の上、メールにてお申込みください。FacebookやTwitterのメッセージやコメントによるお申し込みはできませんのでご注意ください。なお、先着順に受付け、定員になり次第締め切ります。belugaorgan★mbr.nifty.com(★を@にかえてください) まで。

1)お名前(ふりがな)
2)当日連絡のつく携帯番号(お持ちでない方はメールアドレスのみでOK)
3)ご希望の講座の日程
  連続講座:全日程/単発10/16・11/13・12/11(単発でお申し込みの方は日程を記載してください)
  ●集中講座:12/15
4)BELUGA音楽講座受講経験あり・なし
5)音楽歴・備考(あれば)

◆お申込み後、3営業日以内にこちらから確認のメールをお送りいたします。確認メールがこない場合は、メールが届いていない可能性があります。あらためてご連絡ください。

◆当日のお申し込みはお電話にて事前に確認をお願いいたします。
ご連絡なしに直接会場にいらしても満席の場合は受講できませんのでご注意ください。

◆なお、この講座は完全予約制のため、各講座開催日の1週間前以降のお申し込み取り消しはキャンセル料がかかります。キャンセル料は前々日までが50%、前日および当日のキャンセルは100%がかかりますことをご了承ください。

BELUGAオルガン練習室
電話:045-662-5536(10:00-20:00 不定休)
メール:belugaorgan★mbr.nifty.com(★を@にかえて送信してください)

◆講師プロフィール◆
藤原 一弘 Kazuhiro Fujiwara / 音楽学
獨協大学(ドイツ語学科)にて杉山好氏に、立教大学大学院(組織神学・音楽学)にて皆川達夫氏に師事。
1978年より鍋島元子主催Origo et practicaでチェンバロを学ぶ。80年よりチェンバロ調律師としても活躍。91年、A. Werckmeisterに関する論文で辻壮一賞受賞。91-98年、テュービンゲン大学音楽学研究所(DAAD奨学金)にてU. Siegele氏に師事。92-97年、F. ベルニウス指揮シュトゥットガルト国際古楽祭でチェンバロ、オルガンの調律師、95-98年、プェッフィンゲンにて合唱指揮者。2013年より古楽アンサンブル Affetti mvsicali 主催。明治学院大学キリスト教研究所所員を経て、
現在、青山学院大学・洗足学園音楽大学・北海道大学・東洋英和女学院大学 非常勤講師
広告