チェンバロ・クラヴィコードクラス

BELUGAのチェンバロクラスでは随時受講者を募集しております。初めてチェンバロに触れる方から経験者まで、チェンバロに興味のある方ならどなたでも受講いただけます。ピアノやオルガンとは違う楽器の特性や当時のフレージングなどを学び、チェンバロ独自の表現世界にアプローチしていきましょう。また、レッスンではタッチや響きの感覚を磨くためにクラヴィコードに触れる時間も積極的に設けています。オルガニスト、ピアニストの方も歓迎です。ご希望があれば通奏低音のレッスン、アンサンブル指導にも対応いたします。

料金:年会費12,000円+1回50分の個人レッスン  8,500円 (楽器/スタジオ使用料込み)
日程:日曜または火曜
講師:大村千秋(チェンバリスト)

*クラス受講をご希望の方には、まず「プレレッスン」を受講いただきます(料金や時間は通常レッスンと同じ
です)。火曜・日曜のレッスン日程の中で随時受講可能です。
*クラスは月1回以上の受講をお願いします。初心者の方は月2回程度のレッスンをお勧めしております。
*アンサンブル・通想低音の指導などをご希望の場合は、複数時間の受講なども承ります。詳しくはご相談ください。
*年会費は年度途中からのご参加の場合も同金額です。

《お申し込み》
1)お名前 2)電話番号(携帯) 3)メールアドレス 4)音楽歴 5)プレレッスン受講希望の曜日・時間(受講可能な時間帯をできるだけ多めにお書きください)、についてメールまたはお電話でご連絡ください。
メール:belugaorgan★mbr.nifty.com(※★を@にかえて送信してください)
お申し込み後、こちらからあらためてご連絡いたします。ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ。

《キャンセル・変更について》
お申し込み後のプレレッスンのキャンセル・変更については、「1週間前から」キャンセル料が発生します(前々日まで2000円/前日・当日4500円)。詳細はお問い合わせください。

お持ちになる曲について〜講師より〜》
レッスンでは、チェンバロの弦をはじく感覚、指先のタッチ、そして響きを聴く耳を開くことを大事にしたいと考えています。じっくりとチェンバロの音色を楽しめるよう、最初のうちはあまり複雑ではない曲をおすすめしています。初回は、たとえばJ. S. バッハの《アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳》《2声のインヴェンション》、F. クープランの《クラヴサン奏法》などシンプルな作品、あるいは初見で弾ける程度の曲をご用意ください。何を弾いたら良いか迷われる場合は、お気軽にご相談ください。

講座中止・延期について
講師の急病、多くの方がご来場不能になるような緊急事態(大規模な災害・首都圏交通機関の全面機能停止など)が発生した場合は、レッスンの中止・延期(日程振替)などの対応をさせていただくことがございます。状況によって対応を判断し、受講者のみなさまにご連絡させていただき、対応をいたします。

ご来室に際して
初めていらっしゃる方がよく迷われますので、当スタジオHPの「アクセス」(https://belugaorgan.wordpress.com/access/) をご確認の上ご来室ください。 当スタジオおよびビル内には待合ロビーやには広い待合室がありません。お時間をお繰り合わせの上、レッスン時間にあわせて5分前頃にご来室いただけると助かります。また、ビルにはエレベーターがございません。ビル共用のお手洗いは男女共用・和式です。ご了承ください。 スタジオ内は飲食禁止です。レッスンに未就学児や付き添い、見学者を同伴する場合は、事前にご連絡ください。不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

《講師プロフィール》
大村千秋
東京藝術大学大学院古楽科チェンバロ専攻修了。藝大修了時に大学院アカンサス音楽賞を受賞。2009年度文化庁新進芸術家海外研修員としてオランダに留学、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびフォルテピアノ科にて学ぶ。第21回古楽コンクール山梨において最高位受賞。これまでに志村直子、崎川晶子、大塚直哉、ボブ・ファン・アスペレン、リチャード・エガーの諸氏に師事。
2011年に帰国後は、チェンバロのみならず、フォルテピアノ、クラヴィコード、ポジティフオルガン等様々な鍵盤楽器に取り組み、ソリストとして、また通奏低音・アンサンブル奏者として国内外で演奏を行うほか、CD録音や音楽祭、レクチャーコンサートなど多方面で精力的に活動を行っている。古楽アンサンブルAffetti mvsicaliメンバー。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。
https://chiakiomura.wordpress.com
広告